トータルで考慮

倉庫

正確な在庫

会社内で棚卸を行っても、毎月差異が生じるといった悩みを抱えている会社では、あるはずの物がないなどちょっとしたことで、不要な対応を迫られることが少なくありません。こうした無駄な経費を発生させているのであれば、在庫管理を他社に任せるという方法で解決することも珍しくありません。社内では、工程ごとの物の受け渡しなどが担当者同士のやり取りになっていることで、きっちりとした数値の把握がしにくくなっている場合もあるものです。これが在庫を他社の物流倉庫に預けることで、なれ合い体質を撤廃し、きっちりとした在庫管理を行う体制を作り出すことができるのです。物流倉庫は、会社同士のやり取りとなるため、必ず伝票(アナログ、あるいはデジタル)が発生することから、あいまいなやり取りをなくすことができます。物流倉庫内は、パレットごとに番号付けをされており、呼び出しについては番号でやり取りされることで、あいまいな類似品との混同も起きにくい環境を作り上げているため、間違った商品の納品をするリスクを下げることにもなります。また、スペースのない中で、自社で製品保管をしていると、作業を効率的に行えない場合があるばかりか、狭い場所での作業は事故の原因にもなりかねません。多種多様な製品を扱っている場合でも、こうした物流倉庫を一部商品に対し利用することで、滞りがちになっている物流ラインを一気に立て直すことができるかもしれません。

Copyright© 2018 需要が高まるサービス【トランクルームの有効活用を考える】 All Rights Reserved.